最新記事

Iphone修理を出す時に注意するべき点がいくつかあります。
まず、大前提として、二つの方法があるのを理解しておくべきです。
具体的には、正規店と非正規店の二つが修理をすることができる店があるのをよく頭に入れるべきです。
正規店とは要するにAppleストアになりますが、これは修理代金が一律です。
つまりは、どこであろうとも壊れている場合は保証期間内でないならば、2万円前後の費用がかかってしまうわけです。
これがやや問題になります。
注意するべき点の一つであるといえます。
では、非正規店はどうなのか、といいますと安いです。
修理具合、その度合いによって必要なパーツや修理工程が違うわけですから、それに合わせて料金形態が違ってきます。
ですから、僅かな故障の時には非正規の修理店のほうが確実に安くなります。
大幅に壊れている場合はさすがに正規店にしたほうがよいでしょう。
この考え方をまずは理解すると良いです。
上手くIphone修理をするコツです。

22時まで対応のiphone修理店を都内でお探しなら

大阪で早くて安いiphone修理→Goodモバイル 大阪 なんば店